口コミ実証! アイクリームは目元のクマ、しわ、たるみを防いで老け顔を改善できる?

アイクリームコスメSelect!

アイクリームによる目元ケアは何歳から始めれば良いの?

投稿日:

目元のシワやたるみ改善目的としてアイクリームを使用することが多いですが、目元のシワやたるみが気になってからアイクリームを使った方が良いのか、それとも予防としてもっと若いうちから使うべきなのか、使うタイミングが分かりにくいです。

人によって肌の状態が違うので具体的に何歳からアイクリームを使った方が良いのかと言うことは明確に線引きできませんが、アイクリームを使用した方が良い目安があるので、アイクリームで目元をケアし始めた方が良い年齢について調べてみました。

【目元ケア開始の目安は20代後半から】

20代後半というとまだ目元のトラブルが少ない年齢でありますが、30歳を境として角質層に含まれている保湿成分のセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸が減少します。

保湿成分が減ってしまうと目の周りが乾燥し、保湿成分や水分を上手く取り込み、溜めることができなくなるので20代後半から目元ケアを取り入れるのが良いのです。

20代後半からアイクリームで目の周りの保湿するスキンケアを取り込むことで、目元の保湿成分の減少を抑え、乾燥を防ぐことができます。

【30代以降は保湿対策と併せてターンオーバーや紫外線対策などで本格的なケアを】

保湿成分が減少する30代以降は、本格的な目元ケアを行っていく必要があります。

保湿成分が減少してしまうことは、肌のターンオーバーが乱れやすくなり、細胞の老化を進行させてしまいます。

なので、30代以降はアイクリームでの保湿だけでなく、エイジングケア成分も含んでいるアイクリームで目元ケアを行い、目元専用の美容液でよりアイクリームの有効成分が浸透しやすいように本格的な目元ケアを取り入れます。

【目元ケアは20代後半からのスタートで年齢を重ねると出やすくなる目元の老化を緩やかにする】

20代後半からアイクリームで目元の保湿対策を行っていき、保湿成分を肌に継続的に取り入れて、保湿成分が減ってしまうのを抑制します。

20代後半の保湿ケアを行うことで、30代以降の保湿成分の急激な減少を防ぐことができます。

そして、30代以降は肌の老化の進むので、エイジングケアを中心とした目元ケアに切り替えて、アイクリームと美容液のダブル使いで徹底した目元ケアを行います。

自分の肌の状況をこまめに観察しながら目元ケアを怠らないことが目元老化を促進させないための秘訣です。

目元の保湿成分は30代以降になると減ってしまうので、減る前の20代後半からアイクリームで保湿成分を目元に補ってあげることで目元を明るく若々しく見せます。

  • この記事を書いた人

everyours

-基礎知識

Copyright© アイクリームコスメSelect! , 2017 All Rights Reserved.